当ブログにお越し頂きありがとうございます。『ある的』管理人の ある と申します。

私の職業はアイデザイナーです。

「アイデザイナー・・・って何?」と思う方が多いと思うのですが、まつげエクステなどの施術者のことを指します。

一般的には『アイリスト』と呼ばれる事の方が多いので、自己紹介する時も「アイリストです」と名乗る事が多いのですが、個人的に「デザイナーって着く職業、かっこよくない?」という個人的価値観があるので、たまにアイデザイナーと名乗っています。

しかし、この仕事の社会的認知は薄く、自己紹介で「アイリストです」と名乗っても、数週間後に会うと「ネイリスト頑張ってる〜^^?」と聞かれたり、ネイリストと混同されてるケースが後を絶ちません。

もう『世間的にはアイリストだろうがネイリストだろうが一緒なんだな』と開き直って、最近では「まつエクを着けたり着けなかったりしてます〜」と半ばヤケクソに自己紹介しています。

ブログを始めた理由

九州から関東に引っ越してきて暫く経つのですが、未だに新しい友達が一人もできず、最近ではあまり新鮮味のない日々を過ごしていました。

そんな時に「何か新しいことを始めたい!」と思って始めたのがこのブログです。

何やっても三日坊主な私ですが、ブログだけは小学生の頃から書き続けていた事を思い出しました。(期間が空いたり、ブログサービスを変えたりは何度もしましたが)

それまでは日常の何気ないことしか書いた事がなかったのですが、せっかくなら何か人の役に立てる情報を書きたいと思っています。

仕事で得た知識や、気になった情報、自分が体験した事など発信していけたらと思っています。

管理人プロフィール

1993年生まれの大分県出身。現在は神奈川県に住んでいます。

3歳の頃に両親が離婚して父子家庭で育ったので、母親と暮らした記憶はあまりありませんが、祖母と一緒に暮らして居たので祖母が母親代わりというような家庭で暮らしていました。

「おばあちゃん子」という事をアピールすると『優しく温和な子』と思い込ませる事ができるらしいので、これからもどしどしアピールしていきたいと思っています。(ゲス顔)

おばあちゃん子なので、『ミニサラダ』と『雪の宿』という渋めの3時のおやつで育てられました。おばあちゃん子あるあるだと思います。

そんな我が家でしたが、私が中学生の頃に、無口であまり雑談なども交わした事がなかった父親が突如家族を集めて、「再婚する事にした。ベトナム人と。という衝撃発言。

冗談など言わない父親ですが、「これはさすがに冗談だろ」と思っていたら数カ月後に本当にベトナム人女性が来て一緒に暮らし始めるというかなりクレイジーな事件が起こりました。

専門学校入学

そんなクレイジーな家庭の中ですくすくと育った私は、高校3年生で進路を決める頃、本気で将来何もやりたい事がなかった。というより本気で何もやりたくなくてニートになりたいと心から思っていました。

とりあえずまだ社会に出る覚悟は無かったので「馬鹿でもやっていけそう」というなんともナメくさった理由で美容専門学校に進学する事を決意。

美容師免許という国家試験を取るための専門学校なのですが、これまでの流れでわかるように頭が良くないのと、入学してから自分がかなりの不器用である事を思い出したので、技術もかなり不安を抱えながら国家試験に挑みました。

最初の就職

そしてなんとか国家試験に合格して地元の美容室に就職する事ができました。

が、しかし、入社して3ヶ月でスピード退社。専門学校に払った数百万(払ったのは親)をたった3ヶ月でドブに捨てるという潔さを発揮しました。

晴れて、高校生の頃の夢である『ニート』になった。

最初は「やったー!!毎日漫画読んで寝るだけの生活を送るぞー!!!」と嬉々としていましたが、3日くらいでニート生活に飽きてきました。

飽きたというより『自分が何者でもない』というのが、何故なのか異常に不安で漫画を読んでいても全く内容が頭に入ってきません。

「やりたい事なんて何もない。できる事なら何もしたくない。」とそれまでずっと思っていたのに、いざそうなると毎日憂鬱で仕方なかったです。

そしてアイリストに

かと言ってまたすぐ何か仕事をしても、すぐやめてしまいそうな気がしたので、とりあえず暫くはバイトで食い繋ごうとキャバクラやファミレスでバイトをしました。

1年半くらい、フリーターをしていましたが、「やっぱりせっかく頑張ってとった美容師免許を活かした仕事につきたい」と思って、アイリストになろうと決意。

でも、地元でやるつもりは無く、大分以外に住んだ事がないので別のところで就職しようと考えました。

あと丁度その時に車でうっかり鹿を轢き殺すという悲しい出来事があったので、『鹿がいないところに住みたい』とも考えていました。

そこで、中学からの友人が「東京オリンピック見に行きたいから引っ越したい」と言っていたので、その友人と一緒に引っ越してルームシェアをしています。

アイリストになって、美容師より私にあっていると感じるのと、まつエクが好きなのでこの仕事に就いてよかったと思っています。

 

長くなりましたが興味を持って頂けましたら今後も覗きにきて頂けると嬉しいです。