私の顔は、中顔面(目の下から口までの距離)の長めの方なのですが、先日このようなツイートをしました。

今回はこのツイートで紹介したメイク方法の詳細についてお話したいと思います。

今まで紹介したことがあるメイク方法もありますが、顔が面長に見える事に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ポイントを図にまとめました


中顔面短縮メイクのコツは、

  • 目の下から唇の間の余白を埋める
  • 顔の横幅を強調する


この2つを意識することです。

いつものメイクにちょこっと足すだけでもだいぶ印象が違ってきます。

下まぶたに濃い色のアイシャドウ

白っぽい明るい色を下まぶたにのせると涙袋が際立ってかわいい印象にはなるのですが、目の下からの余白を強調させてしまうんですよね…

濃い色を入れると、余白がうめられて目の大きさも大きく見えます◎

私はこんな風に目の下にオレンジを入れる事が多いです。

下まつげのマスカラ

下まぶたのマスカラはロングタイプのマスカラをしっかり塗っています。

これも目の下の余白を埋めるためですね!

私が使っているロングタイプのマスカラはこちらです。もう何本リピートしたかわからないくらい使っています。

チークは上過ぎない位置

黒目外から下に引いた線と、鼻下から横に引いた線が交差する位置にのせます。

この位置だと上過ぎない位置なのと、顔の横幅を強調する事ができます。

内側から外側に向かって斜めにいれて、グラデーションにすると自然です◎

口角にリップライナー

これは本当に数mmくらいではあるんですが、もう余白を少しでも埋めたいという執念です。笑

ニコッと笑って見えるように、口角をちょっと上にあげるように描くと表情が柔らかく見える効果もあります!

口角だけでなく、こんな風に下唇の中央部分だけ陰影をつけると、ぷっくりした形の唇に見せることができるので、リップライナーは1個は持っておくのがオススメです。

上唇はオーバーリップ

上唇のラップをオーバーリップ気味にすると、中顔面の余白もそうですが人中の長さも短く見えます。

人中とは?
鼻から上唇までを繋ぐ溝のこと。
ここが長いと顔が間延びして見える事が多い。

芸能人を見ると、ほとんど人中が短い人ばっかりなのでやっぱり美人顔の要素の一つだと思います。

まとめ

メイクって毎日するのめんどくさかったりするけど、こんな風に自分のコンプレックスを少し解消できるところがやっぱり好きです!

他にもいろんなコンプレックス解消できるメイクをこれからも紹介していきたいと思います。