ある (@aruteki) です。

休日を一日中ネカフェで過ごす日々を過ごしていましたが、次第に休日のみならず仕事が早番だった日にもネカフェに寄って帰るようになったので、ネカフェの店員さんに「この人・・・彼氏いないんだろうな」って思われてると思います。

毎度毎度休みの度にネカフェに入り浸る日々にもさすがに飽きてきたので、今度の休日は別の事をしようと決意したのです。

そこで同居人(♀)に「どこかは決まってないけどどこかに行こう」とけしかけたら、「そういえば一切夏っぽい事してないよね」という話になったけどプールや海水浴に行く程アクティブな気持ちになれない。

ていうか水着を持って無い。ていうかまともにプールも海水浴も行った事がない。未だに学校でスクール水着しか着た事が無い人生。

必要最低限のアクティブさで夏を感じたいという条件からひねり出してビアガーデンに行く事になった。

スポンサーリンク

夕方に丸の内ハウスのビアテラスへ


引用元: (marunouchi) HOUSE

普段そんなに飲みに行かないので、次の日に影響する事を恐れて昼間に行ってチャチャッと帰ろうという作戦だったのですが、事前にインスタでここに行った人の投稿を調べたら夜景が綺麗らしいという情報を掴んだので夕方くらいに行って夜景見て帰る作戦に変更。

ここのビアテラスは、東京駅前の新丸ビルの7階のフロアの「丸の内ハウス」にあります。

9つのレストランからテイクアウトをしてテラスに持っていく事ができるので、ドリンクと料理の品数がかなり多い!!

右上の写真の料理なんだと思います?

これ、ポテトサラダ頼んだら出てきたんですよ。もはやベーコンがメインでその下敷きに申し訳程度のポテトサラダ。このよくわからん斜め上具合、最高にオシャレ

隣の席に男二人女二人のグループが座っていたのですが、男女間に距離を感じたのでダブルデートではなく合コンのような感じなのだろうか。

あまりジロジロ見るのもよくないと思って隣から聞こえる声だけに耳を傾けていたけど側から見てて、合コンに行った事がない私でもわかるくらい上手く行ってない合コンだった。

男性陣の声しか聞こえない。

途中で女性陣が二人でお手洗いに行ったのだが、絶対にトイレの鏡の前で化粧直しをしながら「まじあいつら喋り過ぎじゃね〜?www」「わかるぅ〜www自分の話ばっかじゃんwwww」といった評論会が始まっているだろうなと思った。

彼らは夜景が見える前に帰って行った。切ない。

夜になるとカップルが増える


夜になるとライトアップされた東京駅を見下ろせる。

すると増えてきますよね・・・カップルが。夕方は家族連れとかもいたのに少し雰囲気が変わる。

我々の目の前にカップルが居たのですが、

ある
おい見ろ!!!あのカップルチューしてるぞ!!!!!

同居人
え?見てなかったわ。

ある
なんでだよ!!絶対もう1回するからな!!見てろよ!!!

同居人
 わかった。 

と、綺麗な夜景が眼前に広がるオシャレ空間で思春期の中学生男子のような会話を繰り広げてしまった。(ちなみにそんな過剰なカップルは1組だけで他のお客さんはまともです)

 

その後「どうすれば私に彼氏が出来るのか?」「どうすれば異性と出会えるのか?」「そもそも友達すらほぼ居ないのに彼氏なんて作る事が出来るのだろうか?」という不毛な話を同居人に延々に繰り広げた。多分無意識に周囲のカップルが羨ましくなったのだと思う。他人の合コンを哀れんでいる場合ではない。

そういえば夜景を見ていたら、はるか昔彼氏が居た頃に車で数時間かけて長崎のハウステンボスにクリスマスイルミネーションを見に行った時の事を思い出した。

当方ものすごい冷え性で冬に外にいるのが苦痛で仕方ないんですよね。もうね、外気で私が冷えてるのではなくて、もはや私から冷気が発生しているのではないか?と本気で錯覚するほど冷えるんです。

正直全くイルミネーションに集中できなくて「早く帰ろう」と言い放ってしまったのです。

なんか・・・今後も彼氏と一緒に夜景とか見てもうまいことリアクション出来る気がしないな・・・・・・・・・。

多分そういうところが彼氏できない秘訣です。

まとめ

切ないことを思い出したり見たりもしましたが、とはいえ料理は美味しかったし、景色は綺麗だし、お店ごとに扱っている種類が違うからビールだけでも数種類選べますよ!

彼氏と夜景を見た時に上手くリアクションをする練習をしたい私みたいな人はここで練習してみてください。